トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門外来のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索
業績一覧
TOP
-----
業績 2017年
 「英文論文」 Original Papers (English)
  1. Shimazaki J, Den S, Saga M, Fukagawa K, Sakata M, Iwasaki M, Okano T. A Prospective, Randomized Trial of Two Mucin Secretogogues for the Treatment of Dry Eye Syndrome in Office Workers. Sci Rep. 2017 Nov 9;7(1):15210. (Impact Factor = 4.259)
  2. Yamaguchi T, Shimizu E, Yagi-Yaguchi Y, Tomida D, Satake Y, Shimazaki J. A Novel Entity of Corneal Diseases with Irregular Posterior Corneal Surfaces: Concept and Clinical Relevance. Cornea. 2017 Nov;36 Suppl 1:S53-S59. (Impact Factor = 2.010)
  3. Yagi-Yaguchi Y, Yamaguchi T, Higa K, Suzuki T, Aketa N, Dogru M, Satake Y, Shimazaki J. Association between corneal endothelial cell densities and elevated cytokine levels in the aqueous humor. Sci Rep. 2017 Oct 19;7(1):13603. (Impact Factor = 4.259)
  4. Yagi-Yaguchi Y, Yamaguchi T, Higa K, Suzuki T, Yazu H, Aketa N, Satake Y, Tsubota K, Shimazaki J. Preoperative Aqueous Cytokine Levels Are Associated With a Rapid Reduction in Endothelial Cells After Penetrating Keratoplasty. Am J Ophthalmol. 2017 Sep;181:166-173. (Impact Factor = 5.052)
  5. Hayashi T, Yamaguchi T, Yuda K, Kato N, Satake Y, Shimazaki J. Topographic characteristics after Descemet’s membrane endothelial keratoplasty and Descemet’s stripping automated endothelial keratoplasty. PLoS One. 2017 Nov 30;12(11):e0188832. (Impact Factor = 2.806)
  6. Higa K, Satake Y, Shimazaki J. The characterization of human oral mucosal fibroblasts and their use as feeder cells in cultivated epithelial sheets. Future Sci OA. 2017 Sep 6;3(4):FSO243. (Impact Factor = データなし)
  7. Kashizuka E, Yamaguchi T, Yaguchi Y, Satake Y, Shimazaki J. Corneal Higher-Order Aberrations in Herpes Simplex Keratitis. Cornea. 2016 Dec;35(12):1562-1568.
  8. Aketa N, Yamaguchi T, Suzuki T, Higa K, Yagi-Yaguchi Y, Satake Y, Tsubota K, Shimazaki J. Iris Damage Is Associated With Elevated Cytokine Levels in Aqueous Humor. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2017 May 1;58(6):BIO42-BIO51. (Impact Factor = 3.303)
  9. Aketa N, Yamaguchi T, Asato T, Yagi-Yaguchi Y, Suzuki T, Higa K, Kurihara T, Satake Y, Tsubota K, Shimazaki J. Elevated aqueous cytokine levels in eyes with ocular surface diseases. Am J Ophthalmol. 2017 Oct 5. pii: S0002-9394(17)30421-X. (Impact Factor = 5.052)
  10. Shimizu E, Yamaguchi T, Tomida D, Yagi-Yaguchi Y, Satake Y, Tsubota K, Shimazaki J. Corneal Higher-order Aberrations and Visual Improvement Following Corneal Transplantation in Treating Herpes Simplex Keratitis. Am J Ophthalmol. 2017 Sep 21. pii: S0002-9394(17)30401-4. (Impact Factor = 5.052)
  11. Shimizu E, Yamaguchi T, Yaguchi Y, Dogru M, Satake Y, Tsubota K, Shimazaki J. Corneal higher-order aberrations in infectious keratitis. Am J Ophthalmol. 2017 Mar;175:148-158. (Impact Factor = 5.052)
  12. Yazu H, Dogru M, Miyauchi J, Tanaka Y, Yamaguchi T, Den S, Satake Y, Tsubota K, Shimazaki J. Association of Epithelial Atypia With Recurrence After Surgical Excision in Conjunctival Papilloma. Eye Contact Lens. 2017 Jan 27. doi: 10.1097/ICL. (Impact Factor = 1.372)
  13. Yazu H, Yamaguchi T, Dogru M, Satake Y, Tsubota K, Shimazaki J. Decreased Visual Acuity by an Irregular Corneal Posterior Surface After Repeat Descemet Stripping Automated Endothelial Keratoplasty. Eye Contact Lens. 2017 May 16. doi: 10.1097/ICL. (Impact Factor = 1.372)
  14. Kasai K, Kato N, Konomi K, Shinzawa M, Shimazaki J. Flattening effect of corneal cross-linking depends on the preoperative severity of keratoconus. Medicine (Baltimore). 2017 Oct;96(40):e8160. (Impact Factor = 1.804)
  15. Shinzawa M, Dogru M, Miyasaka K, Shimazaki J, Sekiryu T. Application of CASIA SS-1000 Optical Coherence Tomography Tear Meniscus Imaging in Testing the Efficacy of New Strip Meniscometry in Dry Eye Diagnosis. Eye Contact Lens. 2017 Jan 6. doi: 10.1097/ICL. (Impact Factor = 1.372)
  16. Shimmura-Tomita M, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Penetrating Keratoplasty Performed by Residents Compared With an Experienced Cornea Transplant Surgeon. J Surg Educ. 2017 Mar - Apr;74(2):258-263. (Impact Factor = 2.163)
  17. Tsubota K, Yokoi N, Shimazaki J, Watanabe H, Dogru M, Yamada M, Kinoshita S, Kim HM, Tchah HW, Hyon JY, Yoon KC, Seo KY, Sun X, Chen W, Liang L, Li M, Liu Z; Asia Dry Eye Society. New Perspectives on Dry Eye Definition and Diagnosis: A Consensus Report by the Asia Dry Eye Society. Ocul Surf. 2017 Jan;15(1):65-76. (Impact Factor = 4.383)
  18. Ogawa M, Dogru M, Toriyama N, Yamaguchi T, Shimazaki J, Tsubota K. Evaluation of the Effect of Moist Chamber Spectacles in Patients With Dry Eye Exposed to Adverse Environment Conditions. Eye Contact Lens. 2017 Oct 31. doi: 10.1097/ICL. (Impact Factor = 1.372)
  19. Bissen-Miyajima H, Hirasawa M, Nakamura K, Ota Y, Minami K. Safety and reliability of femtosecond laser-assisted cataract surgery for Japanese eyes. Japanese Journal of Ophthalmology. 2017 Oct 27; doi: 10. 1007/ s10384-017-0553-6. (Impact Factor = 1.519)
  20. Kamiya K, Igarashi A, Hayashi K, Negishi K, Sato M, Bissen-Miyajima H; Survey Working Group of the Japanese Society of Cataract and Refractive Surgery. A multicenter retrospective survey of refractive surgery in 78,248 Eyes. J Refract Surg. 2017 Sep 1;33(9):598-602. (Impact Factor = 3.709)
  21. Yaguchi S, Yaguchi S, Yagi-Yaguchi Y, Kozawa T, Bissen-Miyajima H. Objective classification of zonular weakness based on lens movement at the start of capsulorhexis. PLoS One. 2017 Apr 20;12(4):e0176169. (Impact Factor = 2.806)
  22. Inagaki E, Hatou S, Higa K, Yoshida S, Shibata S, Okano H, Tsubota K, Shimmura S. Skin-Derived Precursors as a Source of Progenitors for Corneal Endothelial Regeneration. Stem Cells Transl Med. 2017 6:788-798. (Impact Factor = 4.000)
[このページのトップに戻る]
 「和文論文」 Original Papers (Japanese)
  1. 矢津啓之,山口剛史,石居信人,村戸ドール,佐竹良之,坪田一男,島 潤. 角膜内皮移植再手術例の治療成績. 日本眼科学会雑誌,121(11):864-870, 2017.
  2. 比嘉一成,内野裕一,川島素子,島 潤,坪田一男,榛村重人. ウサギ水疱性角膜症モデルにおける上皮増殖能の亢進. 日本眼科学会誌,121(6):455-463, 2017.
  3. 瀬戸加奈子,松本邦愛,高橋絹代,藤田民夫,高原史郎,相川 厚,篠崎尚史,長谷川友紀. 急性期病院における臓器提供の意思確認を実施するための終末期医療 の質改善を目的とした教育プログラムの開発と評価. 移植,Vol.52:346-351, 2017.
[このページのトップに戻る]
 「和文総説」 Review Papers (Japanese)
  1. 島 潤. 角膜内皮移植と白内障同時手術の比較―同時―. IOL&RS 30(4):574-576, 2016/12.
  2. 島 潤. 緑内障. 千葉県医師会雑誌 CMAM 69(4):204-205, 2017/4.
  3. 島 潤. フェムトセカンドレーザーと角膜移植. 眼科手術の適応 Vol.59 No.10:1129-1136, 2017/9.
  4. 佐竹良之. 無水晶体眼・無硝子体眼に対する DSAEK. 眼科手術 30(1):121-123, 2017/1.
  5. 山口剛史. 学術奨励賞を受賞して イメージングと視機能・生体反応を繋ぐ. ANNUAL REPORT OF JAPAN CORNEA SOCIETY 20:12, 2017/2.
  6. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズアップデート : 適応. 日本眼科学会雑誌 121:132, 2017/3.
  7. ビッセン宮島弘子. 眼科先進医療の将来 : 多焦点眼内レンズ. 日本の眼科 88(7):923-924, 2017/7.
  8. 平沢 学,ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術の歴史と未来. IOL&RS 30(4):496-502, 2016/12.
  9. 平沢 学,ビッセン宮島弘子. 大学病院における LenSx® の運用状況. IOL&RS 31(1):3-6, 2017/3.
 「和文執筆・編集」 Books/Chapters(Japanese)
  1. 島 潤. 翼状片. 眼科診療ビジュアルラーニング 1:225-227, 2017/6.
  2. 島 潤. もう迷わない・うつさない 感染 ・アレルギーの点眼薬ガイド. 眼科ケア Vol.19 No.7:5-79, 2017/7.
  3. 島 潤. 円錐角膜. 1336 専門家による私の治療 2017-18 年度版 :1277-1278, 2017/7.
  4. 島 潤,加藤直子,許斐健二. どう診てどう治す?円錐角膜.[編集 ] 2017/9.
  5. 島 潤. 読めばわかる!わかれば変わる!ドライアイ診療. 2017/9.
  6. 佐竹良之. 感染による眼疾患. 眼科ケア Vol.19 No.7:6-13, 2017/7.
  7. 佐竹良之. アレルギーによる眼疾患. 眼科ケア Vol.19 No.7:14-19, 2017/7.
  8. 山口剛史. スリットスキャン型前眼部解析装置. Oculista 46(1)49-55, 2017/1.
  9. 清水映輔,山口剛史. 瞼板縫合. 眼科診療マイスターIII 処置と手術手技 56-57, 2017/3.
  10. 煖エ 綾,山口剛史. 角膜形状 トモグラフィ. どう診てどう治す?円錐角膜 34-37, 2017/9.
  11. 青木 大,佐々木千秋. 羊膜バンクと羊膜移植(コーディネーターの立場から). 眼科手術 Vol.30:395-399, 2017/7.
[このページのトップに戻る]
 「国際学会」 International Meetings

American Society of Cataract and Refractive Surgery, Los Angeles, USA, 2017/5/6-10.

  1. Bissen-Miyajima H, Nakamura K, Minami K. Three-year outcomes of 4.0 D-added multifocal intraocular lenses in highly myopic eyes.

The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017Annual Meeting, Baltimore, Maryland, USA, 2017/5/7-5/11.

  1. Shimazaki J, Tomida D, Kakisu K, Yamaguchi T, Satake Y. Descemet Stripping and Automated Endothelial Keratoplasty Performed by Residents. (Paper Session)
  2. Yamaguchi T, Suzuki T, Higa K, Nakayama N, Yagi-Yaguchi Y, Satake Y, Shimazaki J. Elevation of aqueous IL-12 and IFNY is associated with progressive endothelial cell loss after penetrating keratoprasty. (Paper Session)
  3. Kakisu K, Shimazaki J, Yamaguchi T, Satake Y, Tomida D. The influence that the temperature change of the donor cornea gives to corneal endothelium transplant postoperative endothelium cell density. (Poster Session)
  4. Nakayama N, Yamaguchi T, Yagi-Yaguchi Y, Suzuki T, Higa K, Tomida D, Kakisu K, Den S, Satake Y, Shimazaki J. Elevated aqueous inflammatory cytokine levels in eyes with ocular surface disease. (Poster Session)
  5. Kato N, Konomi K, Shinzawa M, Kasai K, Ide T, Sakai C, Negishi K, Toda I, Shimazaki J, Tsubota K. One-Year Outcomes after Corneal Collagen Crosslinking in Japanese Patients with Progressing Keratoconus. (Poster Session)

The XXXV Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons, Lisbon, Portugal, 2017/10/7-11.

  1. Tomida D, Suzuki M, Yaguchi Y, Yamaguchi T, Den S, Satake Y, Shimazaki J. Comparison of IOL power calculation methods and measurement zone for cataract surgery undergone previous penetrating keratoplasty. (Poster Session)
  2. Den S, Kasai K, Kato N, Shimazaki J. Prospective randomized clinical study comparing accelerated corneal collagen cross-linking with 5% NaCl hypertonic saline in bullous keratopathy in Asian eyes. (Poster Session)
  3. Bissen-Miyajima H, Minami K, Yaguchi A, Kanzaki T, Yoshida N. Preoperative understanding of multifocal intraocular lens: multi-site questionnaire survey. (Poster Session)
  4. Yaguchi S, Bissen-Miyajima H, Hirasawa M, Ota Y, Oki S, Tanaka M, Funaki W. Reduction of anterior capsule opening area during 6 months after femtosecond laser-assisted cataract surgery with hydrophilic acrylic intraocular lens implantation.
  5. Nakamura K, Bissen-Miyajima H, Hirasawa M, Ota Y, Takahashi A, Minami K. Binocular visual performance after contralateral implantation of multifocal intraocular lenses with different near additional powers. (Poster Session)
  6. Minami K, Bissen-Miyajima H, Kanzaki T, Yoshida N. Impact of surgery cost on patient acceptance of multifocal intraocular lenses: multi-site questionnaire survey of Japanese candidate patients. (Poster Session)
  7. Nishisako S, Aoki D, Sasaki C, Higa K, Shimazaki J. Comparison of donor tissue preparation methods for Descemet’s stripping automated endothelial keratoplasty. (Presented Poster Session)
[このページのトップに戻る]
 「国際学会シンポジウム」 International Symposiums

32nd Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress, Singapore, 2017/3/1-5.

  1. Shinozaki N. Cornea, External Eye Diseases & Eye Bank: Japanese Eye Banking Update and Trends. (Symposium)

The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017Annual Meeting, Baltimore, Maryland, USA, 2017/5/7-5/11.

  1. Shimazaki J. Barrier function of the ocular surface. (Mini Symposium)

30th Annual Meeting of the Asia-Pacific Association of Cataract & Refractive Surgeons, Hangzhou, China, 2017/6/1-3.

  1. Bissen-Miyajima H. How to Select Bifocal IOL with Different Near Add and Trifocal IOL. (Symposium)
  2. Bissen-Miyajima H. Patient’s preference for near addition of multifocal IOL. (Symposium)
  3. Bissen-Miyajima H. Case selection for MINI WELL extended depth of focus IOL. (Luncheon Seminar)

Philippine Academy of Ophthalmology Congress, Pasay City, Metro Manila, Philippines, 2017/12/6.

  1. Shimazaki J. “Differences in Dry Eye Concept among Asian countries” Comparison of ADES and DEWS. (Santen Sponsor Lunch Symposium)
[このページのトップに戻る]
 「国内学会」 Domestic Meetings

第 40 回日本眼科手術学会学術総会,東京都千代田区,2017/1/27-29.

  1. 武藤哲也,竹内候雄,山口剛史,喜田照代,町田繁樹. 25 ヶ月の臨床休止後の白内障手術.
  2. 太田友香,南慶一郎,大木伸一,田中みちる,ビッセン宮島弘子. HOYA トーリック眼内レンズの術後早期における回転ずれ.
  3. 谷口紗織,谷口重雄,ビッセン宮島弘子,小沢忠彦. チン小帯断裂モデルを用いた水晶体嚢拡張リングの嚢拡張効果の定量的検討.

第 41 回日本角膜学会総会,第 33 回日本角膜移植学会,福岡市,2017/2/16-18.

  1. 佐竹良之,新澤 恵,谷口 紫,樫塚絵実,冨田大輔,山口剛史,柿栖康二,中山直彦,清水映輔,島 潤. 他家輪部移植に対するタクロリムスの局所投与.
  2. 山口剛史,清水映輔,谷口 紫,柿栖康二,新澤 恵,冨田大輔,村戸ドール,田 聖花,佐竹良之,島 潤. 感染性角膜炎後瘢痕期の角膜高次収差の視力への影響.
  3. 冨田大輔,山口剛史,田 聖花,佐竹良之,島 潤. 角膜移植後の病態や術式とQOLの変化.
  4. 柿栖康二,冨田大輔,山口剛史,佐竹良之,島 潤. 海外ドナー角膜の術前温度管理が角膜内皮移植術後の内皮細胞密度に与える影響.
  5. 中山直彦,新澤 恵,村戸ドール,島 潤. 閉塞性マイボーム腺機能不全に対する眼瞼圧出法の眼表面に対する影響.
  6. 清水映輔,小川葉子,向井 慎,浦野文彦,工藤 - 斎藤千恵,河上 裕,坪田一男. Novel Treatment of chronic GVHD in Mice Using the ER Stress Reducer PBA.
  7. 村戸ドール,新澤恵,五十嵐安弥子,比嘉一成,市島丈裕,瀬田範行,野村武史,坪田一男,島撫.シェーグレン症候群におけるドライアイの新しい診断マーカー:E-FABP.
  8. 加藤直子, 許斐健二,新澤 恵,葛西 梢,井手 武,酒井誓子, 根岸一乃,戸田郁子, 坪田一男,島 潤. 日本人の進行性円錐角膜眼における角膜クロスリンキングの成績.
  9. 矢津啓之,山口剛史,谷口 紫,冨田大輔,新澤 恵,中山直彦,佐竹良之,島 潤. 角膜移植後内皮減少と前房水サイトカインの関係.
  10. 比嘉一成,樋口順子,鈴木輝政,佐竹良之,山口剛史,島 潤. 羊膜由来間葉系細胞の角膜輪部上皮シートへの影響.
  11. 鈴木輝政,比嘉一成,樋口順子,佐竹良之,山口剛史,島 潤. 結膜上皮モデルの作成とジクアホソルナトリウムの影響.

第 16 回日本再生医療学会総会,仙台市,2017/3/7-9.

  1. 比嘉一成,樋口順子,鈴木輝政,佐竹良之,山口剛史,島 潤. 羊膜から分離・培養した間葉系細胞の解析と角膜上皮創傷治癒モデルへの影響.

第 121 回日本眼科学会総会,東京都千代田区,2017/4/6-9.

  1. 山口剛史,比嘉一成,鈴木輝政,中山直彦,谷口 紫,柿栖康二,冨田大輔,佐竹良之,島 潤. 角膜移植後の短期的に急激に角膜内皮現象をきたした症例の前房水 サイトカイン濃度.
  2. 中山直彦,山口剛史,谷口 紫,鈴木輝政,比嘉一成,冨田大輔,柿栖康二,田 聖花,佐竹良之,島 潤. 虹彩損傷と前房水中サイトカイン濃度の上昇との関連解析.
  3. 神谷和孝,飯島 敬,庄司信行,森 洋斉,宮田和典,山口剛史,島 潤,渡辺真矢,前田直之. 多施設共同研究による円錐角膜に対する白内障手術の予測性の検討(第 2 報 : 計算式).
  4. 平沢 学,戸田枝里子,長田秀斗,三宅誠司,尾池雄一,坪田一男,小沢洋子. マウスレーザー照射脈絡膜新生血管モデルにおける炎症性メディエーターの発現変動.

第 32 回日本白内障屈折矯正手術学会,福岡市,2017/6/23-25.

  1. ビッセン宮島弘子,南慶一郎,神前太郎,吉田伸利. 多焦点眼内レンズ挿入検討患者の意識調査 : 多焦点眼内レンズの理解度.
  2. 中村邦彦,ビッセン宮島弘子,平沢 学,太田友香,南慶一郎. 近方加入度数の異なる多焦点眼内レンズ挿入後の両眼視(第 1 報).
  3. ビッセン宮島弘子. ロボットを用いた多焦点眼内レンズ説明と適応判断.
  4. 太田友香,平沢 学,谷口紗織,大木伸一,南慶一郎,ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザー白内障手術 529例における安全性の検討.
  5. 中村邦彦. 加入度数の選び方.[プラクティス 7]
  6. 谷口紗織,平沢 学,太田友香,大木伸一,田中みちる,舟木若奈,ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーによる前嚢切開の経時的変化.
  7. 大木伸一. 多焦点眼内レンズ入門 多焦点眼内レンズ導入.[インストラクションコース 9]
  8. 田中みちる. 多焦点眼内レンズ入門 術前検査.[インストラクションコース 9]
  9. 舟木若奈, 中村邦彦, 大木伸一, 田中みちる, 鈴木綾乃, 平沢 学, 高橋晶子, ビッセン宮島弘子. 当院における多焦点眼内レンズ挿入希望例の背景と希望する術後視距離.

第 38 回日本炎症・再生医学会総会,大阪市,2017/7/18-19.

  1. 山下和哉,稲垣絵海,羽藤 晋,比嘉一成,宮下英之,坪田一男,榛村重人. ヒト臍帯由来間葉系幹細胞の角膜内皮細胞分化の可能性.

第 16 回日本組織移植学会総会・学術集会,京都市,2017/8/4-6.

  1. 青木 大. 現在までの JSTT コーディネーターの変遷(学会設立から現在まで).
  2. 佐々木千秋. 人工前房装置内の圧力調整装置を用いた角膜内皮移植用グラフト作製.

第 71 回日本臨床眼科学会,東京都千代田区,2017/10/12-15.

  1. 山口剛史,比嘉一成,鈴木輝政,谷口 紫,中山直彦,柿栖康二,冨田大輔,佐竹良之,島 潤. Primary graft failure をきたした角膜移植眼の前房水サイトカイン.
  2. 中山直彦,山口剛史,谷口 紫,鈴木輝政,比嘉一成,冨田大輔,柿栖康二,田 聖花,佐竹良之,島 潤. 虹彩損傷と前房水中サイトカイン濃度の上昇との関連解析.
  3. 飯島 敬,神谷和孝,庄司信行,森 洋斉,宮田和典,山口剛史,島 潤,渡辺真矢,前田直之. 円錐角膜に対する白内障手術の予測性の検討(第 4 報 : 各種角膜屈折 力の比較).
  4. 相馬剛至,崎元 暢,子島良平,大家義則,山口剛史. 前眼部疾患トリアージ~治療のタイミングを逃さないために~.
  5. 矢津啓之,山口剛史,谷口 紫,比嘉一成,鈴木輝政,明田直彦,佐竹良之,坪田一男,島 潤. 角膜内皮移植後の角膜内皮細胞密度と術前前房水サイトカインの関係.
[このページのトップに戻る]
 「国内学会シンポジウム/セミナー」 Domestic Symposiums

第 40 回日本眼科手術学会学術総会,東京都千代田区,2017/1/27-29.

  1. 島 潤. 角膜移植の手術教育.[総会長企画 1]
  2. 佐竹良之. 上皮移植.[教育セミナー 17]
  3. 山口剛史. 角膜内皮移植の視機能~患者の視機能を最大限引き出すには~.[シンポジウム 2]
  4. 田 聖花. 涙点閉鎖,瞼板縫合術.[教育セミナー 4]
  5. 田 聖花. 結膜弛緩症.[インストラクションコース 7]
  6. ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザー、イメージガイドシステムを用いた三焦点眼内レンズ挿入術.[ランチョンセミナー 6]

第 50 回日本臨床腎移植学会,神戸市,2017/2/15-17.

  1. 篠崎尚史. Kidney transplantation -What does our past teach us about our future?[シンポジウム ]

第 41 回日本角膜学会総会,第 33 回日本角膜移植学会,福岡市,2017/2/16-18.

  1. 島 潤. 円錐角膜・ペルーシド角膜辺縁変性.[シンポジウム 2]
  2. 山口剛史. DMEK.[シンポジウム 1]
  3. 田 聖花. 謎の言葉 「目がいずい」 のルーツをたどれ ![イブニングセミナー ]
  4. 青木 大. 手続きと関連ガイドライン.[羊膜移植講習会 ]

第 121 回日本眼科学会総会,東京都千代田区,2017/4/6-9.

  1. 島 潤. MGD 併発ドライアイの診療について.[ランチョンセミナー 12]
  2. 田 聖花. ドライアイ Up to date.[教育セミナー 8]
  3. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズ.[シンポジウム 18]
  4. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズアップデート : 適応.[サブスペシャリティサンデー 3]

第 256 回長崎産科婦人科学会,長崎県産婦人科医会総会及び学術集会,長崎市,2017/5/14.

  1. 篠崎尚史. 両棲類研究者から見た胎盤.[シンポジウム ]

第 32 回日本白内障屈折矯正手術学会,福岡市,2017/6/23-25.

  1. 島 潤. 円錐角膜の診断と治療.[シンポジウム 6]
  2. 許斐健二. 円錐角膜の病因と疫学.[シンポジウム 6]
  3. ビッセン宮島弘子. 進化し続けるデバイスの最新情報.[ランチョンセミナー 8]
  4. ビッセン宮島弘子. テクニス シンフォニーオプティブルーの早期臨床成績と使用戦略.[モーニングセミナー 8]
  5. Bissen-Miyajima H. Can FLACS be educational tool for a surgeon in training?[ジョイントシンポジウム ]

第 54 回日本眼感染症学会,大阪市,2017/7/15.

  1. 島 潤. 一歩先のドライアイ診療を目指して ! ~患者実態からみた診療~.[イブニングセミナー 2]

第 60 回日本コンタクトレンズ学会総会,大阪市,2017/7/16.

  1. 山口剛史. 感染症角膜炎の治療戦略~三大お悩み保証プラン~.[モーニングセミナー 8]

第 16 回日本組織移植学会総会・学術集会,京都市,2017/8/4-6.

  1. 島 潤. 羊膜・角膜.[口頭発表 2]
  2. 佐々木千秋. 手続きと関連ガイドライン.[羊膜移植講習会 ]

平成29年度日本組織移植学会認定医セミナー,平成29年度第 1 回 JOTNWCo.・ 都道府県Co.・ 院内Co.・ 組織移植Co.・アイバンクCo. 合同セミナー,吹田市,2017/8/6.

  1. 青木 大. 講義・組織各論(皮膚).

第 71 回日本臨床眼科学会,東京都千代田区,2017/10/12-15.

  1. 島 潤. 世界および日本におけるドライアイの定義と判断基準.[ランチョンセミナー 7]
  2. 島 潤. ドライアイ定義・診断基準の改定.[モーニングセミナー 1]
  3. 佐竹良之. アレルギー性結膜炎 Q&A.[ランチョンセミナー 18]
  4. 山口剛史. 臨床研究いろはの 「い」. 患者へ届くより質の高い臨床研究を目指して~クリニカルクエスチョンから研究コンセプトへ~.[モーニングセミナー 4]
  5. 田 聖花. MGD の疫学. そうだ、行こう!MGD の解説教室 Part 3. 知っていますか?疫学・治療.[モーニングセミナー20]
  6. ビッセン宮島弘子. シンフォニーは多焦点 IOL の適応を変えるか?[ランチョンセミナー 28]
  7. 佐々木千秋. 手続きとガイドライン.[第 9 回羊膜移植講習会 ]

第 58 回日本視能矯正学会,仙台市,2017/10/28-29.

  1. 山口剛史. 角膜混濁眼の光学特性と視機能 いろいろな角膜混濁眼のいろいろな不正乱視パターンがわかってきた ~ハードコンタクトレンズの新たな可能性~.[ラ ンチョンセミナー 4]
[このページのトップに戻る]
 国際講演

国際講演

  1. Nishisako S. Innovation in DSAEK. Moria Distributors Meeting, Lisbon, Portugal, 2017/10/8.
[このページのトップに戻る]
 国内講演
  1. 島 潤. オキュラーサーフェスに関する最近の話題. JCCG ~ joint conference cornea & glaucoma ~ミケルナ配合点眼液発売記念講演会,大阪市,2017/3/25.
  2. 島 潤. ドライアイの新展開. 北海道角膜ゼミナール,札幌市,2017/4/15.
  3. 島 潤. 見えない異常と自覚症状. ムコスタ点眼液発売 5 周年記念講演会,東京都港区,2017/5/27.
  4. 島 潤. 最近の角膜手術の進歩. 福井県眼科医会学術講演会,福井市,2017/6/3.
  5. 島 潤. 円錐角膜に対する角膜移植. Refractive Surgery Update Seminar 2017 in Kyoto 白内障 & リフラクティブ(シンポジウム), 京都市,2017/7/22.
  6. 島 潤. クロージング リマークス. Keio University OPHTHALMIC RESIDENT SEMINAR, 東京都千代田区,2017/8/26.
  7. 島 潤. 角膜移植・この 20 年. 角膜移植患者の会 20 周年記念イベント,市川市,2017/11/3.
  8. 島 潤. ドライアイ最近の進歩. 千葉県医師会医学会 第 18 回学術大会 眼科医会分科会,千葉市,2017/11/5.
  9. 佐竹良之. タリムス点眼液を使いこなすために. 川越市眼科医会学術講演会,川越市,2017/3/1.
  10. 佐竹良之.《アレルギー》(パネリスト). 第 4 回 Chiba Ocular Surface Tear film Association, 千葉市,2017/3/4.
  11. 佐竹良之.粘膜分化のメカニズム. ムコスタ点眼液発売 5 周年記念講演会,東京都港区,2017/5/27.
  12. 佐竹良之.CAC 試験からわかる抗ヒスタミン剤点眼薬. 第 10 回 角膜 Eye の会,東京都千代田区,2017/6/2.
  13. 佐竹良之.円錐角膜. 第 11 回角結膜疾患診療ナビ学術講演会,東京都千代田区,2017/11/17.
  14. 山口剛史.よりよい角膜診療をめざして 前房因子の探究,第 13 回大阪角膜フォーラム,大阪市,2017/6/24.
  15. 山口剛史.角膜内皮移植の視機能. 大阪眼科手術の会,大阪市,2017/10/21.
  16. 山口剛史.角膜感染症のプライマリーケア. 千葉県医師会講演会,千葉市,2017/11/15.
  17. 山口剛史.視機能を考えた角膜感染症の治療. 八習眼科ラウンジ, 千葉市,2017/11/22.
  18. 冨田大輔.全層角膜移植後の白内障手術における眼内レンズ度数の検討. 眼疾患研究会 2017 春,東京都千代田区,2017/6/29.
  19. 柿栖康二.海外ドナー角膜の術前温度変化が角膜内皮移植術後の内皮細胞密度に与える影響. 眼疾患研究会 2017 秋,東京都千代田区,2017/11/9.
  20. 清水映輔. 角膜感染後の混濁における収差解析. 第 4 回 Chiba Ocular Surface Tear film Association, 千葉市,2017/3/4.
  21. 加藤直子. 近視矯正手術(レーシック)って大丈夫? 第 5 回 市病から始めよう 昼ドキッ☆健康講座,市川市,2017/2/4.
  22. 田 聖花. ドライアイの外科的治療. 第 10 回 角結膜疾患診療ナビ学術講演会,東京都千代田区,2017/5/12.
  23. ビッセン宮島弘子. 最近の白内障手術. 興和創薬社内勉強会,東京都中央区,2017/1/24.
  24. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズ術前術後における患者説明のコツ. 第 10 回東京眼科アカデミー,東京都千代田区,2017/3/11-12.
  25. ビッセン宮島弘子. 白内障 / 屈折矯正手術の現在 / 過去 / 未来. HOYA 講演会,東京都中野区,2017/4/4.
  26. ビッセン宮島弘子. マルチフォーカルレンズアップデート. AMO マルチフォーカルアップデートセミナー,東京都千代田区,2017/7/1.
  27. ビッセン宮島弘子. マルチフォーカルレンズアップデート. AMO マルチフォーカルアップデートセミナー,横浜市,2017/7/8.
  28. ビッセン宮島弘子. ライフワークとしての多焦点眼内レンズ. 平成 29 年度慶大眼科オータムセミナー,東京都新宿区,2017/10/29.
  29. ビッセン宮島弘子. 医療機関におけるロボット活用の最前線 先進医療における Pepper の活用と展望. Softbank Robot World 2017, 東京都港区,2017/11/21.
  30. 大木伸一. 白内障手術への視能訓練士の関わり方. 第 29 回中四国視能訓練士会研究会,倉敷市,2017/9/10.
  31. 篠崎尚史. 角膜移植とアイバンク. 公益財団法人長崎アイバンク設立 50 周年記念公開講座,長崎市,2017/1/21.
  32. 篠崎尚史. 地球環境の変化と胎盤の役割. 第 25 回日本胎盤学会 第 35 回日本柔毛性疾患研究会. 雲仙市,2017/11/24-25.
  33. 青木 大. 臓器移植推進のためにできること. [ランチョンシンポジウム] 第15回日本移植コーディネーター協議会 (JATCO)総合研修会, 東京都大田区, 2016/12/2-4.
  34. 青木 大. 組織提供について. 平成 28 年度第 2 回群馬県院内コーディネーター研修会,前橋市,2017/2/9.
  35. 青木 大. アイバンク最前線. 角膜移植患者の会,市川市,2017/5/13.
  36. 青木 大. 角膜センター紹介 アイバンクと角膜移植. 東邦大学医療センター大森病院眼科 角膜センター見学会,市川市,2017/6/10.
  37. 青木 大. 組織バンクと組織移植コーディネーターの役割.(公社)日本臓器移植ネットワーク新人コーディネーター研修,東京都港区,2017/6/14.
  38. 青木 大. アイバンク. 東邦大学大学院修士講義,東京都大田区,2017/10/3.
  39. 青木 大. 組織提供について. 独立行政法人地域医療機能推進機構中京病院 院内講演会,名古屋市,2017/10/30.
  40. 青木 大. 組織移植について.[ランチョンシンポジウム ] 第 16 回日本移植コーディネーター協議会 (JATCO)総合研修会,東京都大田区,2017/12/1-3.
  41. 佐々木千秋. 組織移植各論 2(皮膚・角膜・羊膜). 平成 28 年度第 2 回 JOTNWCo.・ 都道府県 Co.・ 院内 Co.・ 組織移植 Co.・アイバンク Co. 合同セミナー,吹田市,2017/1/21-22.
  42. 佐々木千秋. アイバンクとコーディネーターの仕事. ふれあい看護体験(高校生), 市川市,2017/8/2.
  43. 西迫宗大. 移植医療におけるアイバンクの役割. 第 5 回 市病から始めよう 昼ドキッ☆健康講座,市川市,2017/2/4.
  44. 福田朋子,平林雅子. アイバンクについて,悔いを残さないための 「したく」 今から始めるもしもの備えと知恵. 高圓寺,NPO 法人グリーフケア支援協会,市川市,2017/3/4.
[このページのトップに戻る]
 啓蒙(新聞)
  1. 島 潤 . 羊膜移植で目を修復 . 読売新聞 7 面 , 2017/11/8.
  2. ビッセン宮島弘子 . 日本人と英語 . 日本医事新報 4837:103, 2017/1/7.
  3. ビッセン宮島弘子 . 早期の正しい眼科診療で視力と視界の改善を . 朝日新聞 14 面 , 2017/3/30.
[このページのトップに戻る]
 啓蒙(雑誌、冊子)
  1. 島 潤 . 白内障手術の進歩 . 千葉県医師会雑誌 68(12):614-615, 2016/12.
  2. 島 潤 , 田 聖花 . 眼科―いま総合病院では―. 銀海 No.238:26-29, 2017/1.
  3. 島 潤 . ドライアイ. 週刊朝日 MOOK 老眼 & 白内障完全ガイド[眼のいい病院 2017]: 116-117, 2017/4.
  4. 島 潤 . 飛蚊症 . 週刊朝日 MOOK 老眼 & 白内障完全ガイド[眼のいい病院 2017]: 118, 2017/4.
  5. 島 潤 . MGD(マイボーム腺機能不全). Frontiers in Dry Eye 2017 春号 Vol.12(1):8-17, 2017/4.
  6. 島 潤 . ドライアイ . 週刊朝日 :108-109, 2017/5.
  7. 島 潤 . 日本人の失明原因 1 位 知っておきたい 「緑内障」 . ミレニアム通巻第 62 号 :1-4, 2017/9.
  8. 島 潤 . 硝子体手術術後の遷延する角膜障害に対する治療 . 週刊日本医事新報 No.4883:57, 2017/11/25.
  9. ビッセン宮島弘子 . 理事会だより . IOL&RS 30(4). 171, 2017/12.
  10. ビッセン宮島弘子 . 身近な目の病気 . 白内障の基礎知識 . 産経新聞くらしの百科 : 8, 2017/5/15.
  11. ビッセン宮島弘子 . 第 3 の近視手術 「スマイル」 の実力は . 日経メディカル 8 月号 :14-15, 2017/8
[このページのトップに戻る]
 啓蒙(書籍)
  1. ビッセン宮島弘子 . 白内障は水晶体が濁る病気 . NHK チョイス 病気になったとき体の中で起きている事が見える本 . 2017/7.(監修)
[このページのトップに戻る]
 啓蒙(テレビ)
  1. 島 潤 , 佐々木千秋 , 西迫宗大 . 角膜移植日本一の眼科医 . 命を救う!スゴ腕ドクター 3 ~脳腫瘍 ・ 角膜移植 ・ 胃がん食道がん~ (BS 朝日). 2017/8/20.
  2. 島 潤 , 青木 大 . 目が白く濁る病 角膜移植で視力を取り戻す! ゆうがたサテライト(テレビ東京). 2017/12/5.
  3. ビッセン宮島弘子 . 白内障治療 . ゆうがたサテライト(テレビ東京). 2017/4/24.
  4. ビッセン宮島弘子 . 治る!最前線 フェムトセカンドレーザ白内障治療 . ワールドビジネスサテライト(テレビ東京). 2017/5/24.
  5. ビッセン宮島弘子 . ソフトバンク 「ペッパー」 次なる展開 . ワールドビジネスサテライト(テレビ東京). 2017/11/17.
  6. 青木 大 , 西迫宗大 . 息子の 「角膜提供」 決断した母の思い . FNN スピーク(フジテレビ). 2017/10/9.
[このページのトップに戻る]
 啓蒙(インターネット)
  1. ビッセン宮島弘子 . 患者の視力に光を。女性医師のワークライフバランスに希望を。若手医師の向上心に、叱咤激励を。マイナビ DOCTOR. 2017/5/31. https://doctor.mynavi.jp/doctory/21/
[このページのトップに戻る]
 啓蒙(ラジオ)
  1. ビッセン宮島弘子 . 第 1 回 白内障の見え方、眼内レンズの選び方 . 白内障と診断されたら 2017(ラジオ NIKKEI). 2017/9/27.
  2. ビッセン宮島弘子 . 第 2 回 最新の多焦点眼内レンズ事情 . 白内障と診断されたら 2017(ラジオ NIKKEI). 2017/10/4.
  3. ビッセン宮島弘子 . 裸眼をとりもどそう 第 1 回知っていますか、屈折矯正のこと(ラジオ NIKKEI). 2017/10/11.
  4. ビッセン宮島弘子 . 裸眼をとりもどそう 第 2 回レーシックで生活の質を向上(ラジオ NIKKEI). 2017/10/18.
[このページのトップに戻る]
-----
TOP
 
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明